探そう派遣の仕事!参考ホームページ

    紹介予定派遣という働き方について

    紹介予定派遣という働き方も、派遣という言葉が一般的になってから出来たのではないでしょうか?簡単に言うと、派遣社員から正社員への登用が見込める働き方といったところです。この働き方の良い面は、働く意欲が上がるということだと思います。私は実際に派遣社員として数年間働いた経験がありますが、社員になれる見込みが無いのとあるのとでは仕事へのモチベーションは変わってくると思います。
    悪い面をあげるとすれば、正社員になれない可能性もあるということです。派遣社員は少しでも良い条件(時給や労働時間)の職場があれば簡単に職場を変えることができます。紹介予定派遣の場合は、いずれ正社員になれるかもしれないという期待があります。そのため、好条件の職場が見つかっても、留まりつづける人も多いのではないかと思います。これは、もしかすると自分のスキルを正当に評価されていないという可能性もあります。派遣社員をつなぎとめるために紹介予定派遣と銘打っている派遣会社もないとは言い切れないからです。
    最後に紹介予定派遣という働き方の意義について考えてみました。派遣社員の中には、自分で選んで派遣社員という働き方を選んでいる人もいれば、そうでない人もいます。正社員として働きたいと思いながら、就職先が決まらず止む無く派遣社員として働いている人も多いのです。そうした人が派遣社員を足掛かりにして、行く行くは正社員という働き方を目指すという意味においては、これは意義のあることと言えるのではないでしょうか。

    派遣情報お気に入りサイト一覧

      Copyright (C)2017知ってる?「紹介予定派遣」という制度.All rights reserved.